2016.9.12

アルポットで美味しいごはんを炊いてみよう!

アルポットで美味しいごはんを炊いてみよう!

キャンプの楽しみの一つがやはり食事ですよね。バーベキューをしたり、みんなでカレーを作ったりと、食べる前から楽しめるのが醍醐味ですが、ご飯を炊くのは難しくて不安・・・という方もいるのではないでしょうか。

そんなときには「アルポット」を活用してごはんを炊きましょう!皆さんが想像するよりも簡単にできちゃいます!

アルポットでごはんを炊こう!

P1220449

 

 

アルポットでは2合まで炊くことができます。簡単にできますので皆さんも是非実践してください。

 

お米2合に対して水400cc用意します。

②火を点けたら、内ぶたをのせて13~15分待ちます。

ぐつぐつと煮立ってきて蓋が持ち上がってきたら内蓋を外します。

④そのままぐつぐつというのが止まるまで待ちます。

⑤水気がなくなってきたら火を止めて蒸らします。最後にかき混ぜて完成です。

キャンプご飯を楽にするコツ

おこげを付けたいという人は、手順よりも1分~2分長く置くと程よいおこげが作れます。

ただし、温度によって若干炊きあがりが変わりますので、失敗が怖い場合には、手順通り作るようにしましょう。

好みの硬さもあると思いますので、蒸らし時間の合間に味見をして確かめるといいでしょう。

 

Cooking in the outdoors. two large pot on the fire in the forest.

 

お米は事前に2合ずつ分けてジップロックなどに入れておくと計量の必要がないのでさらに手間を省けます。

キャンプ場など洗い場が設置されているときは問題ありませんが、本格的なキャンプの場合はそういった水道等の設備がない場合もありますので、お米は無洗米を選ぶと楽でしょう。

片付けも簡単にできちゃう!?

お米を炊くのも簡単にできるアルポットですが、片付けもとても簡単です。

お米のこびりつき程度であれば洗ってすぐに落とすこともできますが、その後にそのままスープを作ってしまえば、ゴシゴシ洗いも必要ありません。

楽しくご飯を作りながら片付けは簡単な「アルポット」。是非キャンプのお供に1つあると便利です。

関連記事


  • facebook

お問い合わせ